Yahoo!ショッピングのSEO対策は意味ある?検索順位を上げる方法や他の施策も解説

  • ECモール

Yahoo!ショッピングに出店していて、SEO対策が重要ということを耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか?

結論として、SEO対策は重要で意味のある施策であるため、注力する必要があります。

本記事では、SEO対策の概要と対策が必要な項目や要素などを解説します。

上位にならない理由と、SEO以外に活用したい施策についても解説しているので参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピングのSEO対策とは

Yahoo!ショッピングのSEO対策は、自社商品を検索結果の上位に表示させるための施策です。

自社商品が上位にあることによって、検討してもらいやすくなるほか購買率が高くなります。

そのため、Yahoo!ショッピングを運用する際に重要な施策といえるでしょう。

上位表示するためには後述する、複数の要素が絡まり合っています。

自社で運用し改善するには難易度は高いですが、売上アップのためには必要です。

もし改善が難しい場合、コンサルティング会社に依頼することにより、早期改善が見込めるほかにクオリティの高い支援を期待できます。

Yahoo!ショッピングでSEO対策する項目・要素

Yahoo!ショッピングでSEO対策する場合、以下の項目のキーワード対策をする必要があります。

  • 商品名
  • キャッチコピー
  • 商品情報
  • 商品説明
  • JANコード・ISBNコード
  • ブランドコード
  • プロダクトカテゴリ

改善する要素が多く難易度は高いですが、対応しておくことで上位表示され売上アップが期待できるので丁寧に対応しましょう。

商品名

Yahoo!ショッピングでは、以下の方法で商品名を記入できます。

商品名を全角75文字(半角150文字)以内で入力します。HTMLは使用できません。

「商品名」に入力した項目はYahoo!ショッピング検索対象となります。

引用:Yahoo!JAPANストアクリエイターPro

全角で一定の文字数を入力できるため、検索して欲しいキーワードを含めて商品名を入力しましょう。

例えば、耐熱皿を販売する場合はただ「耐熱皿」と記入するのではなく、検索してほしいキーワードをピックアップしておきます。

ブランド名や用途としてカレー皿、グラタン皿、グリルパン、蓋つきなど商品に関連する用語を羅列しておきます。

冒頭にはどのような商品かわかるワードを入れて、あとは検索して欲しい主要ワードをいれると上位になりやすいです。

装飾文字(【】★<> など)は減点対象となり上位掲載されにくくなるため注意しましょう。

キャッチコピー

キャッチコピーは検索一覧には表示されませんが、SEOにとって重要な要素です。

方法としては、以下の条件で掲載できます。

商品のキャッチコピーを全角30文字(半角60文字)以内で入力します。HTMLは使用できません。

「キャッチコピー」に入力した項目はYahoo!ショッピング検索対象となります。

引用:Yahoo!JAPANストアクリエイターPro

送料無料はお店側にとってアピールとなる情報を含めて、検索結果に出るように設定します。

上記のように送料無料がアピールポイントで記載した場合、耐熱皿 送料無料などで表示されるようになります。

商品情報

商品情報はサイズや素材、特徴など商品の情報をまとめた欄で、SEOでも重要な要素です。

記載には以下の方法に沿って、記入する必要があります。

お客様に伝えたい商品の情報を全角500文字(半角1,000文字) 以内で入力します。

HTMLは使用できませんが、入力欄の中で改行すると、実際のページでも改行して表示されます。

「商品情報」に入力した項目はYahoo!ショッピング検索対象となります。

入力内容は、パソコン版、スマートフォン版いずれのストアページにも表示されます。

引用:Yahoo!JAPANストアクリエイターPro

ユーザーが欲しい仕様を細かく記入することにより、検索結果に引っかかりやすくなります。

商品説明

商品説明欄は、商品の用途や商品情報で記入しきれない特徴、メーカーの想いなどを記入できます。

方法としては以下の通りで、5,000文字入力できることもメリットです。

「商品説明」のパーツに表示する内容を全角 5,000文字(半角10,000文字)以内で入力します。HTMLも使用できます。

「商品説明」の表示はパソコン版ストアページのみで、スマートフォン版ストアページでは表示されません。

引用:Yahoo!JAPANストアクリエイターPro

説明欄に検索ワードを記載している企業もあり、直接的にSEO対策できることもメリットです。

JANコード・ISBNコード

JANコードおよびISBNコードも検索対象であるため、SEO対策の一環として記入しておきましょう。

以下の方法に沿って記入しますが、Yahoo!ショッピング側でコードを発行してくれるわけではないため、自社及び仕入れ先からの確認で取得してください。

JAN/ISBNコードのある商品の場合は、JAN/ISBNコードを半角数字13文字以内で入力します。

引用:Yahoo!JAPANストアクリエイターPro

ブランドコード

ブランドコードはYahoo!が設定した、ブランド品に対し取り決めたコードです。

ブランド品は、以下の方法・方法で設定するため覚えておきましょう。

方法1:コードを直接入力する

「ブランドコード」を半角10文字以内の数値で直接入力、設定できます。

方法2:キーワードから探す

商品を登録したいブランド名、ブランドコードがわかっている場合は、キーワードを入力し[検索]を押し、設定ください。

引用:Yahoo!JAPANストアクリエイターPro

プロダクトカテゴリ

ブランドカテゴリとは、Yahoo!ショッピングが定めたカテゴリであり、商品の分類にあたります。

カテゴリで調べているユーザーにアプローチできるため、適切に設定する必要があります。

方法としては、以下の通りです。

方法1:コードを直接入力する

「プロダクトカテゴリコード」を半角10文字以内の数値で直接入力、設定できます。

方法2:キーワードから探す

商品を登録したいカテゴリ名がわかっている場合は、キーワードを入力し[検索]を押し、設定ください。

方法3:リストから探す

カテゴリ一覧が表示されるので、大分類のカテゴリをクリックすると、さらに下の階層(小分類)のカテゴリが表示されます。該当のカテゴリを表示させ[登録]を押します。

引用:Yahoo!JAPANストアクリエイターPro

Yahoo!ショッピングで検索順位が低い・上がらない理由

Yahoo!ショッピングで検索順位が低く、売上が上がらない理由として以下が考えられます。

  • 検索キーワードが使われていない
  • 出荷遅延率が高い
  • 商品スコアが低い

上位にならない理由を理解しておくことで効果的に対策できるほか、コンサルティング会社に相談する際に現状の取り組みを話しやすくなります。

検索キーワードが使われていない

SEO対策をする上で、キーワードを十分に使えていないと検索上位は目指せません。

そのため、先ほど紹介したSEOの構成要素にキーワードを盛り込み対策しましょう。

一方で、関連性のないキーワードを含めてしまうと評価に影響するほか、関係のないワードで表示される可能性があるため注意しましょう。

出荷遅延率が高い

出荷遅延率とは、商品をユーザーが購入した後にお届け指定日より出荷が遅れた割合です。

出荷遅延率が高い店舗は検索結果に表示されにくくなるほか、件数が増えると検索結果に表示されなくなります。

優良配送マークがついていても、外れてしまうため注意しましょう。

出荷遅延率を下げることにより、再度優良配送マークを取得できるため、もし外れてしまったら再度取得できるようにしましょう。

優良配送マークの条件としては、以下の通りです。

  • 最短お届け日を注文日+2日以内
  • 出荷遅延率が5%未満

商品スコアが低い

商品スコアはYahoo!ショッピングの、商品分析レポートに表記される数値であり、商品毎に異なります。

スコアはユーザーからの評価や商品ページへの訪問者、売上などが複合的に評価され決定されます。

評価が低く売れていない商品は、検索結果に表示されにくくなるため、商品の改善や商品ページの改修をおこないましょう。

売上に直結するYahoo!ショッピングにおけるSEO以外の施策

最後にSEO対策のほかに活用できる、効果的な施策を解説します。

  • Yahoo!広告の利用
  • SNSの利用
  • クリエイティブ最適化
  • イベント対策

SEO対策も重要ですが、他施策と組み合わせることにより売上アップを目指せます。

他の施策として、何があるのか気になっている方は参考にしてみてください。

Yahoo!広告の利用

Yahoo!広告は、Yahoo!が提供する広告プラットフォームでYahoo!ショッピングだけではなく、Yahoo!の検索結果に表示されるリスティング広告などもあります。

ショッピングページだけではなく、一般検索で商品をユーザーが調べた際に表示されるため、モール外の流入も見込めることがメリットです。

SNSの利用

SNSを使って自社商品のPRをおこない、Yahoo!ショッピング内の商品ページに誘導する手法です。

特にInstagramは画像を使った投稿により、商品説明と魅力を伝えられるためおすすめです。

商材としてはコスメや美容家電、食料品、雑貨などが向いています。

工業製品や対企業向けの商品はユーザー層として難しい傾向がありますが、コンサルティング会社に相談し効果的な活用方法を聞いてみることをおすすめします。

クリエイティブ最適化

Yahoo!ショッピングに掲載する画像および、ページ内のクリエイティブをよりユーザー目線に最適化する施策は効果的です。

商品ページへの訪問数は多くても購入されない場合、クリエイティブが影響している可能性があります。

見やすいページかつ、商品の魅力が伝わらないと購入してもらえません。

クリエイティブ最適化は、自社でおこなうことは難しいためECに強い支援会社の手を借りることをおすすめします。

イベント対策

イベント対策とは、Yahoo!ショッピングで開催されるビックセールイベントやポイントキャンペーン時の販促です。

  • 5のつく日キャンペーン(毎月5日/15日/25日)
  • 超PayPay祭(年数回)
  • ゾロ目の日クーポン(毎月11日/22日)
  • PayPayで毎日5%貯まる(毎日)
  • 倍!倍!ストア(毎日)

イベントの際はユーザーにとってメリットが多く購買数も増えるため、チャンスを活かしましょう。

イベント対象商品に設定するための条件もあるため、事前に確認しておくことが大切です。

MinatoのYahoo!ショッピング支援事例

最後に当社の、Yahoo!ショッピングに関する支援事例をご紹介します。

ナイトウェア関連企業

支援前

モール全体で昨年度から売上が伸び悩んでいた。適当な施策もわかっていないため、対策方法も知りたい状態。

支援後

支援開始から2.5ヶ月で最高月商達成。

検索順位も上昇傾向にある。

支援施策

同ジャンルにて競合が飽和している状態で、同業他社の競り合いで売り負けていた。

同ジャンルゆえ、検索順位が最重要課題として設定。

検索順位を向上させる為にイベント需要とSEO対策の相乗効果で売上向上を実現した。

機械工具関連企業

支援前

Yahoo!ショッピングへの出店を検討していたが、ノウハウがなかった。

支援後

期限内の移行を完了させ、クライアントに提示した売上シュミレーションも120%達成を実現。

プロジェクト途中ではあるが、既に多くの商品で検索上位を取得している。

支援施策

1万点を超える商品データを約2カ月で既存の楽天市場から移行させ、Yahoo!ショッピングの検索ロジックにあわせて商品名を最適化させた。

その他、“ついで買い”ニーズに対応する動線設計や、価格調整ツールを導入した価格の適正化も実施している。

まとめ

Yahoo!ショッピングに対し、SEO対策が効果的であることを紹介しました!

SEO対策するといっても、効果的におこなわないと成果が出にくいため工夫する必要があります。

自社で完結させたくとも、ノウハウがなく難しい場合はコンサルティング会社に相談してみることをおすすめします。

Minatoでは、Yahoo!ショッピングをはじめとしたECモール支援をおこなっており、本文で紹介したSEO対策も実績豊富なコンサルタントがご支援いたします。

SEO対策のほかに、広告支援や出店からの代行も実施しているためお気軽にお問い合わせください。