AmazonはSEO対策が超重要!SEO対策の概要と業務代行を依頼できる会社も紹介

  • ECモール

Amazonを運用する上で、SEO対策は非常に重要な施策です。

自社の商品を上位に表示させて、多くのユーザーの目に触れるようにして売上向上を目指しますが、設定しなければいけない要素が多く難易度は高いです。

本記事では、そんなAmazonのSEO対策を依頼できる代行業者を14社紹介します。

AmazonのSEO対策の基本的な概念、注力すべき要素についても触れているので、ぜひ参考にしてみてください。

AmazonのSEO対策とは

AmazonのSEO対策とは、出品商品が検索結果で上位に表示されるための施策です。

上位に表示されることにより、より多くの目に留まるため売上に繋がります。

具体的には、SEO対策が成功するとAmazonで「スマホケース 頑丈」などで調べた際に商品が上位に表示されます。

多くのユーザーが上位商品から検討していくため、購入してもらえる可能性が高まることがSEO対策のメリットです。

キーワードだけではなく、商品のレビュー数や質も影響していると言われているため、商品自体の品質も重要と言えるでしょう。

また、Amazonに限らずSEO対策はECモールおよび自社ECサイトにも活用できるため、実行できるようにしましょう。

SEO

SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、検索エンジン最適化です。この言葉は、Amazonだけに限らず、GoogleやYahoo!などの一般的な検索エンジンにも使われます。

AmazonにおけるSEOは、商品を検索した際に上位表示されることで、購買率が高くなり下部であると目に留まらないため購入されにくいです。

SEO対策の構成要素は商品名や商品説明文、注文件数などが挙げられ、適切なキーワードを含めることで上位表示されます。

AmazonのSEO対策の重要性

Amazonの運用において、SEO対策が重要な理由として以下が挙げられます。

  • 売上に影響する
  • 商品が上位表示されることで検討対象になる
  • Amazonに評価されていることの裏付けになる

Amazonに出店しただけでは成果が見込めないため、SEO対策をして上位表示を達成し成果を伸ばしましょう。

売上に影響する

AmazonのSEO対策は、売上に影響します。

前述の通り、上位表示されることで検討してもらえる人数が増えるため、比例して販売数が上がります。

反対に上位表示されないことにより、売上が低下し経営にも影響する可能性があります。

一時的に上位表示されても、他社が対策を講じることによって順位が下がることも少なくありません。

定期的にページのチューニングを実施し、検索上位を維持することも重要です。

商品が上位表示されることで検討対象になる

商品が上位表示されると、検索してすぐユーザーの見える位置に表示されるため、検討してもらえるきっかけになります。

上位表示されないと、スクロールしてもらわないと商品が見えないほか、2ページ目以降に表示され視認してもらえない可能性もあります。

そのため、検索上位に商品が表示されることは非常に重要といえるでしょう。

販売実績を作るためにも、検索順位を上げることが必要です。

Amazonに評価されていることの裏付けになる

商品が上位表示されることにより、SEO対策が正しくされてAmazonに評価されていることの裏付けになります。

また、他商品を運用する際の参考にできるため、どのように作ったのかを構造的に理解しておくことで別商品に流用可能です。

ちなみに、Amazonの代行業者にSEOを依頼することで、効率的に評価されている商品を管理して対策を考えてもらえます。

AmazonのSEO対策をする際に対応すべき項目

AmazonのSEO対策をおこなう上で、商品ページで対応すべき項目として以下の5つが挙げられます。

  • 商品のタイトル
  • 商品説明
  • 商品仕様
  • 商品画像
  • 商品価格

商品のタイトル

商品のタイトルは、AmazonのSEOにおいて重要度が高い要素です。

「スマホケース 頑丈」というワードで検索してもらいたい場合、商品名だけではなく構成要素を追加する必要があります。

そのため、「商品名,耐衝撃,米軍MIL規格取得,落下」といった形で記載することが必要です。

Amazonでは、60文字以上80文字未満を推奨しているため、推奨文字数に則って作成しましょう。

含めたいキーワードを端的にまとめることがコツです。

商品説明

商品説明は、商品がどのような用途で使われるのか、特徴は何かを説明するのに必要な欄です。

ただし、ただ説明すれば良いのではなく適切にキーワードを含めつつ、ブランドイメージを伝えることで上位に表示されやすくなります。

文章だけではなく、画像も重要とされているので、商品の特徴がわかる画像作成もおこないましょう。

他者との差別化要素を明示できる部分でもあるため、こだわる必要があります。

商品仕様

商品仕様は、寸法や選択できる色など商品の詳細を記載する部分です。

主に箇条書きで作成し、最適化することで上位になりやすいとされています。

Amazonによると、商品仕様については以下のことに注意をしましょう。

・各商品について最大 5 つの箇条書きを含める。

・5つの箇条書きであわせて1000文字未満にすることで、より読みやすさが向上。

・購入者様に見てもらいたい5つの主要な特徴を強調。

 例)サイズ、対象年齢、商品向け推奨環境、スキルレベル、容量、原産国など

・記載のパターンを統一。

 たとえば箇条書きを原産国ではじめたら、その他の商品もすべて原産国からはじめるなど

・重要な情報については、タイトルや説明と同じ表現を使用。

・簡潔な表現にして句点(「。」)は付けない。

・販売事業者様独自の情報 (配送や価格などの情報) に関する情報は入れない。

商品詳細ページのルールとポリシーに従う。

引用:Amazon

商品画像

商品画像は、購入検討をしているユーザーに使用時のイメージを付けてもらうために重要であり、SEO対策の面でも必要な要素です。

ポイントとして、以下を公式が提示しているため見ていきましょう。

・商品詳細ページに表示される商品画像にはメイン画像とサブ画像の2種類があります。

 メイン画像 (1枚のみ必須):商品詳細ページで各商品に対して表示される画像。検索結果一覧にも使われる。

 サブ画像 (最大8枚まで):メイン画像では写っていない側面、使用方法、詳細などを表示することができる。

・メイン画像の背景は純粋な白: RGBカラー値が(255, 255, 255)で、画像スペースの少なくとも 85% を占める必要がある。

・画像のサイズは最小: 縦または横のどちらか長い辺が500ピクセル、最大: 縦または横のどちらか長い辺が10000ピクセル。最適なズーム機能を使用するには、長辺が1600ピクセル以上を推奨。

画像のガイドラインの要件を満たす。

商品価格

商品価格が適正か否かはSEOにおいて、必要な要素とされています。

他の商品と比較して適正および妥当な価格で設定されているか、配送料を優遇するサービスを提供できるかが要点となるようです。

Amazonには、価格自動設定の機能もあるため必要に応じて利用しましょう。

レビューの数・質

Amazonで上位表示されるためには、レビュー数とレビューの質が重要です。

レビュー数が多くても、低評価が多い商品は上位に表示されにくいため、高評価を得られるように施策を打ち出す必要があります。

メール等でレビューのお願いを贈るほか、より高評価を得られるように商品を改善するなどが挙げられます。

Amazonの代行業者に依頼できること

Amazonの代行業者に依頼できることとして、SEO対策を始め以下のようなことを代行してくれます。

  • 現状の課題提起
  • 販売戦略の立案
  • コンテンツ施策の立案
  • 運用施策の継続的改善サポート
  • 広告運用代行

代行業者やコンサルティングの内容については、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

AmazonのSEO代行も実施しているおすすめ14社

Amazonコンサルティング会社比較表

会社名料金サービス
Minatoフルパッケージ:都度見積(初期準備費用:都度見積)
ノウハウ提供プラン:20万円~(初期準備費用:別途20万円~)
運用代行プラン:15万円~(初期準備費用:別途15万円~)広告運用代行:運用費の20%
コンサルティング
販売促進
広告運用
データ分析
商品構成・事業戦略
CRB成果報酬型販売代行
広告運用
販売ページ作成
サイトデザイン
R&O要問合せ各種データ分析
在庫まるごとおまかせプログラム
画像まるごとおまかせプログラム
認知拡大まるごとおまかせプログラム
Amazon のお困りとことん解消プログラム
Barriz要問合せ広告運用
アカウント診断
ブランド・商品ページ作成
コンサルティング
データ分析
運用研修
Ama総研Amazonコンサルティングサービス:8.8万円~
Amazon運営代行サービス:8.8万円~+売上歩合1%、広告費の20%
Amazon広告運用代行:広告費の20%(10万円以下の場合は2万円固定)
アメリカ Amazon参入・拡大サービス:15万円+売上歩合1%、広告費の20%
コンサルティング
販売促進
広告運用
データ分析
商品構成・事業戦略
JTR完全成功報酬型商品開発
販売拡大
コンサルティング
データ分析
NE月額6万円~制作・リニューアル
商品登録代行サービス
受注処理・カスタマー代行サービス
運営代行
アイテムマッチ広告運用代行
Amazon広告運用代行
Amazonコンサル
Amazonコンサル出店サポート
出店コンサル
ZonExpert成果報酬型商品開発
販売拡大
販促活動
コンサルティング
データ分析
商品撮影・画像作成
いつも.要問合せ商品開発
販売拡大
コンサルティング
データ分析
広告運用
診断サービス
ピュアフラット要問合せ広告運用
アカウント診断
ブランド・商品ページ作成
コンサルティング
データ分析
YouTuberのアサイン
TOKYO GATE要問合せ広告運用
アカウント診断
販促活動
ブランド・商品ページ作成
コンサルティング
データ分析
サヴァリコンサルティングプラン:15万円~
プレミアムプラン:30万円~
広告運用
集客支援
データ分析
ページ制作
メルマガ配信
商品登録
ココラブル要問合せ戦略立案
出店サポート
Amazonブランド登録
ページ制作
Amazon内SEO
広告運用
在庫管理
競合調査
Proteinum要問合せ戦略立案
出店サポート
Amazonブランド登録
ページ制作
SEO
広告運用
在庫管理
競合調査

以下で、各社詳しく解説していきます。

Minato

画像引用:https://minato-inc.com/

会社名株式会社Minato
代表者山﨑雄太
所在地東京都港区西新橋2-19-5カザマビル5階
料金(月額)フルパッケージ:都度見積(初期準備費用:都度見積)
ノウハウ提供プラン:20万円~(初期準備費用:別途20万円~)
運用代行プラン:15万円~(初期準備費用:別途15万円~)
広告運用代行:運用費の20%
サービス内容出店支援
商品名最適化
広告運用
商品ページ改修
バナー・画像制作
イベント対応・商品画像入替
商品登録・在庫切れアラート業務
ECモール内の競合分析・ 商品調査
改善提案資料作成
高品質レポート提供
コンサルティング
公式URLhttps://minato-inc.com/

株式会社Minatoは、東京都港区に本社を置くECマーケティング専門のマーケティング会社です。

自社商品と競合商品の比較を徹底的におこなうほか、アクセス解析を丁寧に行いクライアントの売上とオペレーションの最適化をしてることが特徴です。

Amazonだけではなく、楽天やYahoo!ショッピング、Qoo10などの複数モールに対応しているためEC全体の課題を相談できます。

代行もコンサルティングの両方を提供しているため、自社の課題に合わせて柔軟に相談にのってもらえます。

CRB

画像引用:https://www.crb-inc.jp/index.html

会社名株式会社CRB
代表者髙澤 彰男
所在地東京都渋谷区道玄坂1-21-1 SHIBUYA SOLASTA 3F
料金(月額)成果報酬型
サービス内容販売代行
広告運用
販売ページ作成
サイトデザイン
公式URLhttps://www.crb-inc.jp/index.html

CRBは東京都渋谷区に本社を構える、EC支援会社です。

Amazonの仕組み構築支援を提供しており、500社以上の支援実績があることが特徴。

AmazonのほかにQoo10の支援も行っており、成果報酬型なので初期費用を抑えたい方におすすめの会社です。

R&O

引用:https://r-and-o.tokyo/

会社名株式会社R&O
代表者大澤 龍二
所在地東京都渋谷区恵比寿西1-33-6 JP noie 恵比寿西1F
料金(月額)要問合せ
サービス内容各種データ分析
在庫まるごとおまかせプログラム
画像まるごとおまかせプログラム
認知拡大まるごとおまかせプログラム
Amazon のお困りとことん解消プログラム
公式URLhttps://r-and-o.tokyo/

R&Oは東京都に本社を置く、Amazon特化型の支援会社です。

プランは4パターン用意されており、クライアントの課題に沿って提案してもらえることが特徴。

支援先の半数の売り上げが2,000万円以上アップしているため、ご興味がある方は問合せをしてみてはいかがでしょうか。

Barriz

画像引用:https://www.barriz.co.jp/

会社名株式会社Barriz
代表者武井 絢子
所在地東京都港区虎ノ門2-6-1 虎ノ門ヒルズ ステーションタワー36F
料金(月額)要問合せ
サービス内容広告運用
アカウント診断
ブランド・商品ページ作成
コンサルティング
データ分析
運用研修
公式URLhttps://www.barriz.co.jp/

株式会社Barrizは東京都港区に本社を置く、ECプロモーションを支援している会社で。

一般的なECコンサルティング支援のほかに、アカウント診断や社内研修なども実施しており、支援先企業にノウハウが蓄積するような工夫をしています。

料金については、必要な施策によって変動するため問い合わせてみましょう。

Ama総研

画像引用:https://amazon-soken.com/

会社名TRUEコンサルティング株式会社
代表者萱沼真吾
所在地東京都港区三田2-14-5フロイントゥ三田10階
料金(月額)Amazonコンサルティングサービス:8.8万円~
Amazon運営代行サービス:8.8万円~+売上歩合1%、広告費の20%
Amazon広告運用代行:広告費の20%(10万円以下の場合は2万円固定)
アメリカ Amazon参入・拡大サービス:15万円+売上歩合1%、広告費の20%
サービス内容コンサルティング
販売促進
広告運用
データ分析
商品構成・事業戦略
公式URLhttps://amazon-soken.com/

Ama総研は総合EC支援のTRUEコンサルティング株式会社のAmazonに特化した事業です。

Amazonに特化した支援施策を提供しており、支援実績も豊富にあります。

認知度が低い商品をシェアNo.1にした実績もあるため、ニッチ領域で困っている企業は相談してみてはいかがでしょうか?

JTR

画像引用:https://jtr-ec.com/

会社名JTR合同会社
代表者黄駿
所在地東京都品川区東五反田1-7-11-302
料金完全成功報酬型
サービス内容商品開発
販売拡大
コンサルティング
データ分析
公式URLhttps://jtr-ec.com/

JTR合同会社は東京都品川区に本社を置く、Amazonに特化した支援をおこなっている会社です。

完全成果報酬型を取り入れているため、初期費用が発生せず月額費用が発生しないことが嬉しいポイント。

Amazonや外資系コンサルティング会社出身者がいるため、多角的に支援してもらえます。

NE

画像引用:https://hamee-consulting.co.jp/

会社名NE株式会社
代表者比護 則良鈴木 淳也
所在地神奈川県小田原市栄町1-6-4 勝俣組ビル6階
料金月額6万円~
サービス内容制作・リニューアル
商品登録代行サービス
受注処理・カスタマー代行サービス
運営代行
アイテムマッチ広告運用代行
Amazon広告運用代行
Amazonコンサル
Amazonコンサル出店サポート
出店コンサル
公式URLhttps://hamee-consulting.co.jp/

NE株式会社は神奈川県小田原市に本社を置く、ECモール支援を提供している会社です。

コンサルティングサービスから、EC支援プラットフォームなど多角的に支援していることが特徴です。

自社でECモールも持っているため、課題に合わせて相談できます。

ZonExpert

画像引用:https://www.zonexpert.co.jp/

会社名ZonExpert株式会社
代表者緒方豪也
所在地東京都千代田区飯田橋1丁目12-1 Daieishaビル B1F
料金成果報酬型
サービス内容商品開発
販売拡大
販促活動
コンサルティング
データ分析
商品撮影・画像作成
公式URLhttps://www.zonexpert.co.jp/

ZonExpert株式会社はアマブーストという、Amazonに特化したサービスを展開する東京都千代田区に本社を構える会社です。

成果報酬型に加えて、広告運用手数料もかからないため固定予算は厳しい企業にとって、嬉しいポイントといえるでしょう。

まるなげで運用支援をしてもらえることから、ノウハウが全くないという場合に向いている会社です。

いつも

画像引用:https://itsumo365.co.jp/service/amazon/

会社名株式会社いつも
代表者坂本 守
所在地東京都千代田区有楽町1-13-2 第一生命日比谷ファースト21階
料金要問合せ
サービス内容商品開発
販売拡大
コンサルティング
データ分析
広告運用
診断サービス
公式URLhttps://itsumo365.co.jp/service/amazon/

株式会社いつもは、東京都千代田区に本社を置く総合EC支援企業です。

AmazonのほかにYahoo!ショッピング、自社ECの支援もおこなっており、ECに関する悩みを複合的に相談できます。

物流やバックヤードに関する相談もできるため、物流に関する悩みがある方は相談してみましょう。

ピュアフラット

画像引用:https://pureflat.co.jp/

会社名株式会社ピュアフラット
代表者仲野 純平
所在地東京都港区南青山1丁目10-6 ファミリー青山ビル 4
料金要問合せ
サービス内容広告運用
アカウント診断
ブランド・商品ページ作成
コンサルティング
データ分析
YouTuberのアサイン
公式URLhttps://pureflat.co.jp/

株式会社ピュアフラットは東京都港区に本社を置く、Amazonや楽天などのECコンサルティングを提供している会社です。

広告運用代行やデータ分析などの通常の施策に加え、YouTuberのアサインといった独自の販促施策も提案していることが特徴です。

海外進出もサポートしているため、商品の海外販売を考えている企業は相談してみましょう。

TOKYO GATE

画像引用:https://tokyogate.co.jp/

会社名株式会社TOKYO GATE
代表者釣部 雅義
所在地東京都府中市白糸台2-3-8
料金10万円~
サービス内容広告運用アカウント診断販促活動ブランド・商品ページ作成コ広告運用
アカウント診断
販促活動
ブランド・商品ページ作成
コンサルティング
データ分析
公式URLhttps://tokyogate.co.jp/

株式会社TOKYO GATEは東京都府中市に本社を構える、伴走型ECコンサルティングをおこなっている会社です。

専任のECコンサルタントが対応し、現在の課題の抽出からデータ分析、施策実行まで一気通貫で実行してもらえます。

また、支援先企業にノウハウが溜まるように社内研修もおこなっていることも嬉しいポイントです。

サヴァリ

画像引用:https://savari.jp/

会社名サヴァリ株式会社
代表者福田 泰志
所在地東京都中央区東日本橋2-4-1 アドバンテージⅠビル 6階
料金コンサルティングプラン:15万円~
プレミアムプラン:30万円~
サービス内容広告運用
集客支援
データ分析
ページ制作
メルマガ配信
商品登録
公式URLhttps://savari.jp/

サヴァリ株式会社は東京都中央区に本社を構える、複数のECモールを支援するコンサルティング会社です。

他社があまり支援していないWowma!に対応しているため、他と差別化したい企業におすすめです。

自社ECにも対応しているため、モールだけではなく自社の販促も強化したい方は相談してみてはいかがでしょうか。

ココラブル

画像引用:https://www.cocolable.co.jp/

会社名株式会社ココラブル
代表者森 美知典
所在地東京都渋谷区渋谷2-7-5 ヒューリック渋谷二丁目ビル6F
料金要問合せ
サービス内容戦略立案
出店サポート
Amazonブランド登録
ページ制作
Amazon内SEO
広告運用
在庫管理
競合調査
公式URLhttps://www.cocolable.co.jp/

株式会社ココラブルは、東京都渋谷区に本社があるSNSマーティング支援も実施しているECコンサルティング会社です。

アメリカでの年商4億円を達成したチームが支援にあたるため、支援のレベルとしては高いことが想定されます。

Amazonのほかに、自社ECサイトの構築も行っているため、複合的に相談したい方は問合せをしてみましょう。

Proteinum

画像引用:https://proteinum.co.jp/

会社名株式会社Proteinum
代表者米沢 洋平
所在地東京都港区西新橋3-4-2ヤマキ第二ビル4階
料金要問合せ

サービス内容
戦略立案
出店サポート
Amazonブランド登録
ページ制作
SEO
広告運用
在庫管理
競合調査
公式URLhttps://proteinum.co.jp/

株式会社Proteinumは東京都港区に本社を構える、売上0から3カ月で100万円を達成した実績がある会社です。

同社には楽天グループでECコンサルティングを経験したスタッフがいるなど、実績豊富な人材が揃っていることが強みです。

商品登録など、スポットでの依頼も可能であるため、細かい悩みでも相談してみましょう。

AmazonのSEO代行サービスを利用するメリット

AmazonのSEO代行サービスを利用することにより、以下のメリットがあります。

  • 自社に知見がなくても上位表示できる
  • 短期間で成果を見込める
  • 設定してもらった内容を参考に自社に活かせる

自社に知見がなくても上位表示できる

代行業者に依頼することにより、自社に知見がなく専門人材がいなくても上位表示に繋げられることがメリットです。

商品の知識があり、その道のスペシャリストであってもECの専門家ではないことが多いです。

その場合、一からAmazonのSEOについての学習を始め、模索する必要があります。

模索している間にも、売上を立てる必要があるのでスピード感も大切です。

自社の場合、実行までに数カ月から数年かかるところを代行業者に依頼すればすぐに施策実行、上位表示の準備も完了します。

短期間で成果を見込める

代行業者に依頼することにより、自社でおこなうより短期間で成果を見込めます。

短期間で成果を見込めるメリットとしては、早期に売上をAmazonで立てられることが挙げられます。

施策実行からどれくらいの期間で売上を立てられるかは、施策の費用対効果として非常に重要です。

初期構築をしてもらい、その後自社で運用するという観点でも代行業者に依頼するメリットは大きいと言えるでしょう。

設定してもらった内容を参考に自社に活かせる

代行業者に設定してもらった内容は、自社の施策実行の際に活かせます。

例えば、Amazonの商品ページの要素を作ってもらった場合、タイトルの付け方や商品説明について同様の作り方をすれば近い成果を見込めます。

キーワード配置などを真似することで、自社への知見を深めることができることもメリットでしょう。

一方、トレンド等は変わっていくほか、Amazon側の方針も変わるため最新の情報をキャッチし続ける必要があります。

AmazonのSEO代行を利用するデメリット・注意点

AmazonのSEO代行を利用するにも、抑えて起きたいデメリットや注意点があります。

影響としては大きくはないですが、業者選びの観点でも重要なポイントなので覚えておきましょう。

  • 固定費が発生する
  • 業界のミスマッチで成果が期待値を下回る可能性がある

固定費が発生する

代行業者に依頼することにより、固定費が発生することは避けられません。

また、依頼初月は準備もあることから、成果より費用の方が低い可能性があります。

この点を許容できるか否かが分かれ道であるため、注意が必要です。

代行業者によっては、成果報酬型を取っている企業もあるため、状況に応じて相談してみましょう。

業界のミスマッチで成果が期待値を下回る可能性がある

代行業者も、すべての業界の商品に精通しているわけではなく、商材によって得意・不得意があります。

自社の商材と合っているかを面談時に確認し、実績のある企業に相談しましょう。

まとめ

AmazonのSEO対策は、自社の商材を検索結果の上位に表示し、多くのユーザーに認知してもらうために必要な施策です。

成功することにより、売上向上はもちろんのこと自社の関連商品の購入に繋げることができます。

本記事で紹介した代行業者は、SEO対策を実施しているため相談してみましょう。

当社、株式会社Minatoは、SEO対策に加えて広告運用代行、コンサルティングといったお客様に寄り添ったパートナーとしてご支援しております。

SEO対策に加え、Amazonに関する全般のお悩み、他ECモールの相談なども遠慮なくお問い合わせください。

Minato事例

Amazonに関する、当社事例を紹介します。

コスメ関連企業

支援前

自社ECでは大きな売上を作れている一方、ECモールでは数百万の売上しか作れていなかったため優先度が低く、体制を作る工数も持っていなかった。

支援後

支援開始から3ヶ月でAmazonの月商を700%向上

楽天は0からのストア立ち上げで月商千万円弱規模に成長

直近はYahoo!ショッピングの構築を含めた支援も開始

支援施策

・ストアの高速立ち上げ

  →50商品程の商品ページの新規作成

・商品ページの改善

  →SEO強化 /CVR 向上施策

・広告設計の最適化

・リピートユーザー獲得施策

・受注管理及び発送業務効率化

プロテイン関連企業

支援前

toCプロダクトをローンチしECモールでの販売を開始したものの、売上向上の道筋が見えなかった。

支援後

新規プロダクトのAmazon売上を約半年で2.3倍に。

既存の出店状況を見直し、競合他社には真似できない商品ページを構築。

支援施策

toC向け新プロダクトのローンチにあたり、Amazonでの出店を開始したが、ノウハウもなく売上向上の道筋が見えずにいた。

Minatoでは、ただ競合他社の商品ページを真似るのではなく、プロダクト独自の競合優位性を見出すところから始動。また、プロダクトの背景にある「ストーリー」を作り込み、ユーザーにとっての「ベネフィット」を明確にすることで、CVR向上に繋げた。

消臭・除菌スプレー関連企業

支援前

デジタルマーケティングの知見が乏しく、BtoCへの販路拡大にあたり不安があった。

支援後

大手メーカーがひしめくマーケットにおいて、訴求点を見出しAmazon出店を成功に導く。

半年で広告費用対効果149%を達成。

支援施策

toB販売がメインの状態からtoCの販売を開始するにあたり、デジタルマーケティングの知見が乏しく、足踏みをしていた。

Minatoでは、流通額の調査をもとにAmazonでのモール出店を提案。大手メーカーが存在するマーケットにおいて、独自の訴求点を見出し、それに沿ったサムネイル、商品名、商品ページを作成。またモール内での広告運用を行い、リード増加にも貢献した。