Amazonコンサルの委託費用はどれくらい?料金体系やおすすめ会社も解説!

  • ECモール

Amazonコンサル業務をプロへ委託するにあたって、かかる費用や準備しておくべき予算がどれくらいか知りたい人も多いのではないでしょうか?

Amazonコンサル会社へ業務を依頼することで、現状の分析からアカウントの立ち上げ、販売戦略の立案や施策の継続的改善など、様々な支援を受けられます。

今回は、Amazonコンサル会社の料金体系や業務委託費用の相場を解説します。

依頼できる業務や比較するうえでのポイントも解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

Amazonコンサルとは?運営代行との違いも解説

Amazonコンサルは、お客様ごとの課題を分析したうえで、売上の向上へ向けた戦略・戦術の立案をサポートする会社です。

Amazonコンサルへ業務を依頼すると、専門知識を有するプロの視点から課題提起やソリューションの提案を行ってもらえます。

対してAmazon運営代行会社は、広告運用や売上の分析など、あらかじめ決められている業務を遂行してくれます。

Amazonの運用へ必要な作業を選んで外注できるため、自社のリソースを他の業務へ回しやすいのが大きなメリットです。

以下にそれぞれの業務内容における違いを解説しますので、ぜひチェックしてみてください。 

Amazonコンサルの主な業務内容

Amazonコンサルの主な業務内容は、以下の通りです。

  • 現状の課題提起
  • 販売戦略の立案
  • コンテンツ施策の立案
  • 運用施策の継続的改善サポート

Amazonコンサルの費用相場は、1ヶ月あたり約5万円〜30万円が目安です。

Amazon運用における現状の課題を明らかにしつつ、プロの助言を得ながら自社のリソースを活用して作業を行いたい方におすすめです。

Amazon運営代行の主な業務内容

Amazon運営代行の主な業務内容は、以下の通りです。

  • 商品ページおよび画像の作成
  • 商品の在庫管理
  • 広告の運用
  • ユーザーレビューの管理

Amazon運営代行は、Amazon運用における課題が明確でありながら、自社のリソースでは対応が困難と考える方におすすめです。

Amazonコンサルの料金体系は?それぞれの費用相場も開設

Amazonコンサルの会社は、基本的に以下いずれかの料金体系でサービスを提供しています。

  • 固定費型
  • 成果報酬型
  • 固定費×成果報酬の複合型

どの料金体系のサービスを選ぶべきかは、あなたの会社やAmazonへの出品状況によって大きく変わるので、それぞれの特徴をチェックして比較しましょう。

固定費型

料金体系が固定費型の場合、売上や成果に関わらず会社に毎月一定の費用を支払います。

月額制のサブスクリプション契約のようなイメージで、毎月かかる費用が変動しないため、予算を管理しやすくなります。

固定費型のAmazonコンサル会社の場合、委託費用はおおよそ10〜50万円ほどです。

売上が高くなるほど費用対効果が高くなる反面、思うような成果が出ていない間は割高と感じることもあります。

一定期間続けてみて成果が出ないと感じたら、成果報酬型プランを導入している会社への乗り換えも検討しましょう。

成果報酬型

料金体系が成果報酬型の場合、月ごとの売上や成果に応じて会社へ費用を支払います。

売り上げや利益の一部を還元することになるため、売上や成果が上がるほど会社へ支払う費用も高くなっていきます。

成果報酬型のAmazonコンサル会社の場合、委託費用は売上の5〜20%ほどです。

報酬が発生するのは一定以上の成果が出てからなので、初動でつまずいて売上が全く伸びていない方におすすめです。

しかし、売上の推移やプランの内容によっては、会社へ支払う費用が割高と感じるタイミングがやってくる可能性もあります。

成果に対する費用が割高と感じたら、固定費型のプランを提供している会社へ乗り換えるのもおすすめです。

固定費×成果報酬の複合型

料金体系が固定費×成果報酬の複合型の場合、毎月の固定費に加え、売上や成果が上がった分の費用が報酬として上乗せになります。

複合型のAmazonコンサル会社の場合、委託費用の相場は固定費月5万円〜30万円に加えて、売上売上の1%〜5%ほどとなります。

固定費の部分に該当する業務支援を確実に受けられるほか、会社側も売上向上へ向けて尽力してくれるので、どちらの料金プランを選ぶべきか迷っている人にもおすすめです。

Amazonコンサルを複合型の会社へ依頼する場合、固定費の部分で担当してもらう業務と、成果報酬として費用が決まる作業を明確にしておきましょう。

Amazonコンサルに依頼できる業務

Amazonコンサルに依頼できる業務は、大きく分けて以下の通りです。

  • 現状のヒアリング
  • アカウントの開設
  • 販売戦略の立案
  • Amazon SEO施策の支援
  • 施策の分析と継続的改善

Amazonコンサル会社への委託費用は、依頼する業務内容によって大きく変動します。

それぞれの業務内容の詳細や、かかる費用の相場を解説します。

現状のヒアリング

Amazonコンサル会社へ問い合わせを行うと、担当者が現状のヒアリングを行ってくれます。

ヒアリングでは以下のポイントを中心に質問が行われ、結果は今後のプラン選定や販売施策を考えるうえでの参考情報として活用されます。

  • Amazonの運用における課題
  • 商品の売上における現状
  • アカウントや広告運用の状況把握
  • Amazonでの出店に関する具体的な目標

無料相談や見積もりに対応しているサービスもあるので、Amazon運用における課題の明確化が難しいと感じる人は、思い切ってプロの会社へ相談してみましょう。

アカウントの開設

Amazonへ商品を出品するためには、アカウントの開設が必要です。

Amazonコンサル会社へ依頼すると、アカウントの立ち上げに必要な手続きに加えて、ブランディングやPRに関する戦略についてのアドバイスを受けられます。

法人としてAmazonへ出店するのに必要な書類についても教えてもらえるので、アカウントの立ち上げ段階からプロの支援を受けたい人にも嬉しいポイントです。

販売戦略の立案

Amazonコンサル会社は、販売戦略の立案時における以下の助言を行ってくれます。

  • 商品および自社ブランドのPR
  • 商品ごとの価格設定
  • 商品の在庫管理
  • 顧客からのレビュー獲得

Amazonの運用では普段の販売戦略はもちろん、定期的に開催されるイベントに応じた施策が必要です。

Amazonのモール内では、ブラックフライデーやプライムデーなど様々なイベントが行われます。

Amazonコンサル会社へ委託することで、イベントごとに応じた商品の種類や価格、ターゲットごとに最適な販売戦略の策定をアシストしてくれます。

Amazon SEO施策の支援

Amazon SEOとは、Amazon内で定められたルールに基づいて商品ページのタイトルや画像を最適化する作業を指します。

GoogleのSEO対策と類似した部分もありつつ、両者ともアルゴリズムは公開されていません。

Amazonコンサル会社へ委託することで、モール内における商品ページの表示回数アップに向けた施策や、ブランド認知度やCVR向上に必要なポイントを伝授してもらえます。

施策の分析と継続的改善

Amazonの運用を長期的に行うには、定期的な状況分析と施策の継続的改善が欠かせません。

Amazonコンサル会社には、売上の推移や顧客レビューの内容をもとに、定期的なレポート分析や施策の改善を行ってくれるケースも多いです。

思うように成果が出ていないと感じたら、担当者に原因や今後の施策等を明確にしてもらいましょう。

アカウントの運用サポート

一部のAmazonコンサル会社は、アカウントの運用代行業務も行っています。

キャンペーンの立案や商品ごとの在庫管理など、アドバイスだけでは実践するのが難しいと感じる業務がある場合、運用サポートを行っている会社を選ぶのがおすすめです。

Amazonコンサル会社を比較するときのポイント

Amazonコンサル会社へ依頼するときは、必ず複数の会社における情報を比較してください。

複数のAmazonコンサル会社を比較するときは、以下4つのポイントを押さえておきましょう。

  • 他社と比べて料金は妥当か
  • Amazonにおける実績が見える化されているか
  • 企業やサービスの評判はどうか
  • 得意ジャンルが出店する商品とマッチしているか

それぞれのポイントを深掘りして解説します。

他社と比べて料金は妥当か

Amazonコンサル会社を比較するときは、必ず複数社に対して費用の見積もりを依頼しましょう。

Amazonコンサルは料金ごとの費用相場があり、詳細料金はサービスごとに異なります。

明確に予算が決まっている場合、複数者と相見積もりを行ったうえで、現実的かつ自社にとって最適なプランを選びましょう。

Amazonにおける実績が見える化されているか

Amazon関連の実績は、会社比較の際に欠かせないポイントです。

特化分野やサービス内容だけでなく、以下の数値が可視化されているかチェックしましょう。

  • Amazon運用の支援実績数
  • Amazonに関する具体的な運用成功事例
  • Amazon運用例における口コミやレビュー

Amazonにおける実績を比較するときは、事例ごとの売上変化のグラフや成長率など、具体的な数字を含むデータに目を向けましょう。

企業やサービスの評判はどうか

Amazonコンサル会社選びで迷ったら、運営企業やサービスの評判をチェックしましょう。

実際にAmazonコンサルを依頼した人によって投稿された口コミは、貴重な一次情報として活用できます。

Amazonコンサル会社の評判が掲載されている記事はもちろん、X(旧Twitter)やGoogleマップなどSNSにおける口コミやレビューにも目を通しておきましょう。

得意ジャンルが出店する商品とマッチしているか

Amazonコンサル会社を選ぶときは、サービスごとに特化している業界や商品にも目を向けましょう。

AmazonなどのECモールでは、商品のジャンルや価格帯によって顧客への見せ方や販売方法が大きく異なります。

Amazonコンサル会社は、それぞれ得意とする業界やジャンルを持っています。

会社ごとの公式サイトに掲載されている情報も参考にしつつ、Amazonでの販売を検討している商品との相性を測りましょう。

Amazonコンサル会社に関してよくある質問

最後に、Amazonコンサル会社に関してよくある質問を紹介します。

本文で触れられていない内容についても、参考として目を通しておきましょう。

Amazonコンサル会社は広告運用も代行してくれる?

回答:Minatoを含む一部のAmazonコンサル会社は、広告運用代行業務も行っています。Amazon広告の運用代行を行っている会社については、以下の記事も参考にしましょう。

https://minato-inc.com/column/amazon_ads_describe

Amazonと同時に他のモールの運営を頼めるサービスはある?

回答:Minatoを含む多くのAmazonコンサル会社は、Qoo10やYahoo!ショッピングなど様々なモールにおけるコンサルや運営代行サービスを行っています。

合わないと感じたら担当コンサルタントを変えられる?

回答:Amazon運用代行会社は、公式サイト上に問い合わせ窓口を用意しているケースが多いです。担当者が合わないと感じたら、問い合わせ窓口へ変更依頼を行いましょう。

まとめ

Amazonコンサルへの委託費用の相場や業務内容、比較するうえでのポイントを解説しました。

Amazonコンサル会社の業務内容や料金体系を押さえたうえで、自社に最適な一社を見つけてください。

Amazonコンサル会社を選ぶときは、以下のポイントに目を向けましょう。

  • Amazonの支援実績
  • 料金プランの妥当性
  • 口コミやレビューの内容

Amazonコンサル会社選びに迷ったら、期限を決めて一社へ依頼してみるのも良い選択肢です。

あらかじめ決めた期限におけるサービスの内容や、売上の成果をチェックしたうえで、継続の有無や他社への乗り換えを判断しましょう。

Minato事例

Amazonコンサルに関する、当社事例を紹介します。

プロテイン関連企業

支援前

toCプロダクトをローンチしECモールでの販売を開始したものの、なかなか売上向上につながらず悩んでいた

支援後

新規プロダクト開始後約半年でAmazon売上を2.3倍に増加

支援施策

・出店状況の見直し

・自社プロダクトの競合分析による優位性の明確化

・競合他社との差別化

・商品ページの構築

・商品を販売するうえでのストーリーの作成

・ユーザー利益の明確化

消臭・除菌スプレー関連企業

支援前

デジタルマーケティングの知見が乏しく、BtoCへの販路拡大にあたって不安があった。

支援後

半年で広告費用対効果149%を達成。

支援施策

・大手メーカーが多数存在するマーケットの市場分析

・流通額の調査からAmazonでのモール出店の提案

・時期的要素やトレンドを考慮した広告運用

・商品ページの作成代行

・モール内での広告運用代行

サプリメント関連企業

支援前

Amazon内で自社商品の転売が横行し、自社モールにおける売上が伸び悩んでいた

支援後

平均カート取得率を14%から90%以上まで改善

プロジェクト開始3カ月で広告費用対効果を約6倍に向上

自社サイトの売上を約4倍まで向上

支援施策

・カートの取得状況を自動で監視する体制の構築

・非正規の転売会社への販売停止措置の実施

・サムネイルの最適化