• Company

  • Service

    01

    Marketing Consulting

    マーケティングコンサルティング

    02

    AD Operation Support Service

    広告運用代行支援サービス

    03

    Marketing Execution Support

    マーケティング施策実行支援サービス

    04

    EC Mall Marketing Support

    ECモール支援サービス

    05

    AD In-House Service

    伴走型広告運用インハウス支援サービス

  • Cases

  • Blog

  • Career

  • Contact

Minato
  • Company

  • Service

    01

    Marketing Consulting

    マーケティングコンサルティング

    02

    AD Operation Support Service

    広告運用代行支援サービス

    03

    Marketing Execution Support

    マーケティング施策実行支援サービス

    04

    EC Mall Marketing Support

    ECモール支援サービス

    05

    AD In-House Service

    伴走型広告運用インハウス支援サービス

  • Cases

  • Blog

  • Career

  • Contact

Close

Privacy Policy

Our Service

  • 01

    Marketing Consulting

    マーケティングコンサルティング

  • 02

    AD Operation Support Service

    広告運用代行支援サービス

  • 03

    Marketing Execution Support

    マーケティング施策実行支援サービス

  • 04

    EC Mall Marketing Support

    ECモール支援サービス

  • 05

    AD In-House Service

    伴走型広告運用インハウス支援サービス

  • Company

    企業情報

  • Career

    採用情報

  • Cases

    支援実績

  • News

    お知らせ

  • Blog

    ブログ

  • Contact

    お問い合わせ

LOADING 0%

楽天市場への出店で赤字になる理由。売上をアップさせる施策とは

minato

2022.11.302022.11.30

楽天市場に出店しても思うように売上が伸びず、赤字になっている人も多いのではないでしょうか。

楽天市場への出店で赤字になってしまうのには、いくつかの理由があるのです。そこで今回は、赤字になる理由と、赤字回避のポイントを紹介します。

【楽天市場】出店後に赤字になる4つの理由

楽天市場への出店後に赤字になるのは、4つの理由があります。的確な対策を講じるためにも、赤字になる原因を把握しておきましょう。

初期費用やランニングコストがかかるから

楽天市場へ出店するには、初期登録費用として60,000円かかります。初期登録費用は1回きりですが、システム利用料やシステムサービス利用料、R‐Messe利用料、楽天ペイ利用料など毎月かかるコストも無視できません。

さらに、システム利用料とシステムサービス利用料は、固定ではなく売上に応じて発生する従量制です。

コストを正確にシミュレーションして事前に利益計算しておかなければ、利益率が低くなってしまいます。

価格競争に巻き込まれているから

楽天市場では、同じ商品を取り扱うライバル店も多く、価格競争に巻き込まれやすい側面もあります。

価格の安さだけを売りにしてしまうと、利益率がより一層低くなって赤字に陥りやすいです。

仕入れ段階から競合調査を行い、価格以外でどのような差別化を図っていくかを考えながら、慎重に価格を設定しましょう。

キャンペーンや広告を上手く利用できていないから

楽天市場では、スーパーセールやお買い物マラソン、タイムセールなどのキャンペーンが定期的に開催されています。キャンペーン中は、アクセス数が普段よりも増えるため売上を伸ばすチャンスです。

有料の検索広告やメルマガ配信なども、売り上げを最大化させるには必要なツールになるでしょう。

これらを上手く利用できないと、売上アップのチャンスを逃してしまいます。

売れにくい商品を扱っているから

需要がない商品や質の悪い商品を扱っても、顧客の目に留まらず売上は伸ばせません。

楽天市場に出店する前に、商品に需要があるのか、競合よりも品質が劣っていないかなどをリサーチしましょう。

赤字回避のカギは集客!楽天市場における集客方法

楽天市場への出店後、赤字にならないためのカギは集客力です。ここからは、今からできる集客方法を3つ紹介します。

楽天市場でSEO対策する

楽天市場でのSEO対策とは、自社が出品している商品を検索結果の上位に表示させるための対策です。

楽天市場には、同じ商品が他社からも出品されているため、検索結果の上位に表示されないと他社の商品に埋もれてしまいます。

楽天市場でのSEO対策は費用をかけずに実施できるため、以下の方法を実践してみてください。

商品名や説明文にキーワードを入れる

顧客が検索するときに使うキーワードを予測し、商品名や説明文に入れます。難しい専門用語ではなく一般的に知られている言葉を入れるのがコツです。

適切なキーワード選びもポイントとなります。商品が判別できるキーワードでないとSEO対策の効果がなく、検索結果の上位に表示されません。

商品名の上限は127文字ですが、検索結果では前半の30文字程度しか表示されないため、キーワードは前半に入れるのがおすすめです。

サジェストキーワードを調べる

サジェストキーワードとは、検索窓にキーワードを入力した際に自動的に表示されるキーワード候補です。

例えば「パソコン」と入力したときに、以下のようなサジェストキーワードが表示されます。

・「パソコン デスク」
・「パソコン ケース」
・「パソコン スタンド」
・「パソコン バッグ」

このようにサジェストキーワードとなっている「デスク」や「ケース」は、パソコンと一緒に検索される頻度が高く、楽天市場で商品を見つけやすくするために自動表示される仕組みになっているのです。

サジェストキーワードを使って検索する人も多いので、出品する商品に合うものを選んで商品名に入れましょう。

全商品ディレクトリIDとタグIDを最適化する

商品ごとにディレクトリIDとタグIDを最適化するとSEO効果を高められます。

ディレクトリIDは、楽天市場における商品ジャンルのことです。楽天市場のユーザーは、キーワードの検索だけでなくジャンルからも検索するので、商品に合ったディレクトリIDを設定すると見つけてもらえる可能性が高まります。

タグIDは、ジャンルを細かく分類したものです。設定できる項目は、ディレクトリIDによって異なり、サイズや色、ブランド名など商品に合ったものを選択します。

商品に不適切なものを選ぶと検索結果に表示されないこともあるため、商品に適したIDを設定しましょう。

取扱商品を増やす

取扱商品数を増やすことも、集客に大きな効果をもたらします。さまざまな商品を取り扱い、検索にヒットする機会を増やせば、店舗への訪問客数も増加していくのです。

しかし、闇雲に商品数を増やすと在庫を抱えるリスクも伴うため、入口商品や売れ筋商品を作ることに注力すると良いでしょう。

露出を増やして認知度を高める

露出を増やして認知度を高めることも重要です。露出を増やす方法は、以下の3つが挙げられます。

楽天アフィリエイトを利用する

楽天アフィリエイトは、楽天ショップや出品している商品を、ブロガーやアフィリエイターなどのサイト運営者に紹介してもらう成果報酬型広告のことです。

売上がなければ広告料を支払わなくて良い仕組みなので、出店したばかりで売上が少ない店舗でも利用しやすい特徴があります。

イベントの特集ページに登録する

楽天市場で定期的に開催されているイベントの特集ページに登録するのも、露出を増やすチャンスです。

イベント開催時の売上は、通常の3倍以上といわれています。これは、楽天市場がイベントの開催を積極的に宣伝・集客してくれるためです。

イベント開催のお知らせを受け取った際は、必ずエントリーしておきましょう。

楽天ランキングの入賞を目指す

楽天ランキングとは、楽天内での売上金額や売上個数などから算出した独自のランキングデータです。楽天ランキングへの入賞は人気のバロメーターともいえます。

楽天ランキングに入賞すれば、アクセス数アップを見込めます。ランキングに入賞していることで信頼度がアップし店舗へ来てもらえる確率が上がるからです。

適切な商品をピックアップして積極的に宣伝し、入賞を目指してみましょう。

赤字を防ぐために集客以外でできる施策

ここからは、集客以外にできる赤字対策をふたつ紹介します。

商品ページでしっかりと魅力を伝える

顧客が商品を手に取れないネットショップでは、商品画像がとても重要です。きれいで見やすいだけでなく、商品の魅力を伝えられる画像を作成しましょう。

また、商品説明の文章も重要です。スペックや、使い道、メリットなどを効果的に伝えましょう。

スマートフォンで閲覧する人も多いので、スマートフォンからでも見やすいページを作ることが大切です。

ECコンサルタントに相談する

専門的な知識を持ち、ノウハウや戦略を提示してくれるECコンサルタントに依頼するのもひとつの方法です。

楽天市場では、楽天ECコンサルタントを用意しており、出店者は店舗運営のノウハウやアドバイスをもらえます。

しかし、一人のコンサルタントが100社以上を担当しているため質問への返信が遅かったり、担当者の質にもバラつきがあったりします。

赤字を回避したい、運営を強力にサポートしてほしい場合は、楽天以外の外部コンサルタントに依頼する方法もあります。

楽天市場への出店で、心強いサポートが必要なら「ECモール支援サービス」の利用をご検討ください。ECモール支援サービスでは、1コンサルあたりの担当社数を抑えることで支援品質を向上させています。

また、コンサルタント全員がモール出店の経験者なので、これまで培ってきたノウハウを提供できます。

さらに、楽天市場への出店だけでなく、デジタルマーケティングなど総合的な支援も受けられます。

売上向上を目指すなら、お気軽にECモール支援サービスにご相談ください。

まとめ

楽天市場への出店で赤字にならないためには、戦略的な集客が重要です。ライバルが多い楽天市場へ出店する際は、競合調査を入念に実施し、商品の価格設定も慎重に行いましょう。

上手く運営できない場合は、コンサルタントなどを活用しながらプロの意見を聞くのも大切です。

facebook

Facebookで
シェアする

facebook

Twitterで
つぶやく

facebook

LINEで
送る

記事一覧へ戻る

Contact

お仕事のご依頼や相談はこちら

Learn More

Service

サービス一覧

01マーケティングコンサルティングMarketing Consulting

02広告運用代行支援サービスAD Operation Support Service

03マーケティング施策実行支援サービスMarketing Execution Support

04ECモール支援サービスEC Mall Marketing Support

05伴走型広告運用インハウス支援サービスAD In-House Service