• Company

  • Service

    01

    Marketing Consulting

    マーケティングコンサルティング

    02

    AD Operation Support Service

    広告運用代行支援サービス

    03

    Marketing Execution Support

    マーケティング施策実行支援サービス

    04

    EC Mall Marketing Support

    ECモール支援サービス

    05

    AD In-House Service

    伴走型広告運用インハウス支援サービス

  • Cases

  • Blog

  • Career

  • Contact

Minato
  • Company

  • Service

    01

    Marketing Consulting

    マーケティングコンサルティング

    02

    AD Operation Support Service

    広告運用代行支援サービス

    03

    Marketing Execution Support

    マーケティング施策実行支援サービス

    04

    EC Mall Marketing Support

    ECモール支援サービス

    05

    AD In-House Service

    伴走型広告運用インハウス支援サービス

  • Cases

  • Blog

  • Career

  • Contact

Close

Privacy Policy

Our Service

  • 01

    Marketing Consulting

    マーケティングコンサルティング

  • 02

    AD Operation Support Service

    広告運用代行支援サービス

  • 03

    Marketing Execution Support

    マーケティング施策実行支援サービス

  • 04

    EC Mall Marketing Support

    ECモール支援サービス

  • 05

    AD In-House Service

    伴走型広告運用インハウス支援サービス

  • Company

    企業情報

  • Career

    採用情報

  • Cases

    支援実績

  • News

    お知らせ

  • Blog

    ブログ

  • Contact

    お問い合わせ

LOADING 0%

Amazon広告とは?活用するメリットや注意点を紹介

minato

2022.11.302022.11.30

Amazonで出店を検討しているものの、どのように売上を確保していくべきか、悩んでいるEC事業者は多いのではないでしょうか。Amazonは世界最大級のECプラットフォームであるからこそ、商品数が多く、自社商品がユーザーの目に触れられない可能性があります。

競合よりも数多くのユーザーに商品を見つけてもらうためには、「Amazon広告」を活用するのがおすすめです。

本記事ではAmazon広告の概要や活用するメリット、注意点について解説します。ぜひ参考にして、売上拡大を図っていきましょう。

Amazon広告とは

Amazon広告とは、Amazonが提供する広告などを含んだプロモーションツールの総称です。Amazonに出店・出品することを条件に利用することができ、主に検索結果や商品詳細ページに表示されます。

検索連動型の広告であるため、表示される順位は入札によって決まるほか、広告料金はクリック課金制を採用しているのも特徴です。

また、Amazonを利用するユーザーの多くは、購買意欲の高い状態で訪れています。Amazon広告を活用することで、自社の商品がユーザーに見つかりやすくなり、コンバージョン数のアップが見込めるでしょう。

Amazon広告の出稿自体のハードルは低く、GoogleやYahoo!といったプラットフォームで検索広告を運用した経験があればすぐにスタートできます。

【種類別】Amazon広告の特徴

Amazon広告の種類として、主に以下の3つがあります。

・スポンサープロダクト広告
・スポンサーブランド広告
・スポンサーディスプレイ広告

3つの広告について、それぞれの特徴を解説します。

スポンサープロダクト広告

スポンサープロダクト広告は、設定したキーワードを検索した際に表示される広告です。クリエイティブはAmazonに登録している商品情報から自動生成されるため、Web広告の初心者でも簡単に設定できます。

ユーザーが商品を検索したときに検索結果ページとして表示されるため、広告らしい印象を与えることなく、クリック数の増加が見込めるでしょう。

スポンサープロダクト広告が適している場面として、以下が挙げられます。

・商品の露出を上げたい(新規商品の出品など)
・商品在庫を一掃したい
・季節限定商品のプロモーション効果を高めたい

使い勝手の良いスポンサープロダクト広告ですが、小口出品者は出稿ができない点には注意しましょう。

スポンサーブランド広告

スポンサーブランド広告は、検索結果ページの上部の広告枠に表示される広告です。広告をクリックすると複数の商品ページ、もしくはストア(Amazon内で自社の商品やブランドを紹介できるカスタムページ)に移動します。

ブランドのロゴや独自の見出しを表示できるほか、商品も最大3つまで掲載できるのが特徴です。自社ブランドを押し出しつつ、販売を促進させたいときに向いています。

スポンサーブランド広告を出稿するためには「ブランド」登録が必須であるほか、大口出品者でなければなりません。Amazonブランド登録とは、商標を登録することによって有効となる自社ブランドの保護施策を指します。

スポンサーディスプレイ広告

スポンサーディスプレイ広告は、設定したターゲティングに基づいて表示される広告です。他社の商品ページを見ているユーザーに対し、自社商品ページへの誘導を促す効果が期待できます。広告は検索結果のほか、商品詳細ページに表示されます。

広告内で表示される項目は以下のとおりです。

・商品画像
・価格
・バッジ
・レビューの星の数

上記にあわせ、「今すぐ買う」ボタンも表示されることから、ユーザーの購買意欲を高め、後押しすることにもつながります。

スポンサーディスプレイ広告も「ブランド」登録が必須であるほか、大口出品者しか利用できないことに注意しましょう。また、適用商品もAmazonが直販するおすすめ商品に限られます。

Amazon広告を活用するメリット

Amazon広告を活用することで、以下の4つのメリットが得られます。

・購買意欲の高いユーザーにアプローチできる
・ターゲットを細かく設定できる
・Amazonの売れる仕組みに乗れる
・競合商品ページに自社広告を掲載できる

それぞれのメリットについて、見ていきましょう。

購買意欲の高いユーザーにアプローチできる

Amazon広告では、購買意欲の高いユーザーに対してアプローチが可能です。前述したとおり、Amazonのユーザーの多くはあらかじめ欲しい商品が決まっているため、ターゲットに対して自社商品をアピールできます。

広告をクリックすれば、商品詳細ページに移動できることから、購入される確率も高くなるでしょう。

ターゲットを細かく設定できる

AmazonはECサイトの中でも多くのユーザー数を誇っているため、膨大な顧客データをもとに、細かなターゲティングを設定することが可能です。

商品の閲覧履歴や購買履歴をもとに、ターゲットユーザーを細かく絞り込めば、購入意欲の高いユーザーに向けて、効率良く配信できます。

Amazonの売れる仕組みに乗れる

Amazonの検索エンジンでは、「A10」と呼ばれるアルゴリズムが設けられています。中でも、検索結果で上位表示されるために欠かせない要素として、以下が挙げられます。

・販売件数
・商品レビュー数

Amazon内での検索結果では、販売件数が多い商品ほど、上位に表示されます。

広告の活用によって販売件数が増えれば、上位表示をキープしやすくなります。また、販売件数が増えるとレビューも増加し、新たなユーザーを呼び込むことにもつながるため、売上アップが期待できます。

競合商品ページに自社広告を掲載できる

スポンサーディスプレイ広告を利用すれば、競合商品ページに自社の広告を掲載できます。他のECモールでは見られない、Amazon広告ならではのユニークな特徴といえるでしょう。

Amazon広告の利用方法

Amazon広告を利用する際の流れは、以下のとおりです。

1.Amazonのセラーセントラルに登録し、出品(出店)する
2.掲載する広告を作成する(ターゲティング設定も行う)
3.広告費の予算設定をする

セラーセントラルに登録する際、小口出品の場合はスポンサー広告の利用ができないので注意しましょう。また、卸売りの場合は「スポンサープロダクト広告」しか利用できないなどの制約があります。

Amazon広告を利用するときの注意点

Amazon広告を活用することで、商品の認知向上や売上の拡大につなげることが可能です。しかし、広告の効果を最大限にするためには、ある一定の条件を満たしておく必要があります。

ここでは、Amazon広告を利用するときの2つの注意点について紹介します。

商品ページを最適化させておく

Amazon広告では、商品ページの最適化を心がけましょう。自社商品がユーザーの目に留まるようにするには、検索結果の1ページ目に表示させることが重要です。

検索結果の1ページ目に自社商品が掲載されていれば、ターゲットに商品の存在を知ってもらうことができます。

商品ページの最適化を目指す上で意識したいポイントは以下の3つです。

・商品名
・商品画像
・商品の箇条書き

商品説明文を詳しく掲載すれば、キーワードに引っかかりやすくなります。商品画像もクリック率に与える影響が大きいので重要です。

出稿するためには一定の条件を満たしていなければならない

Amazon広告を出稿する際は、一定の条件を満たす必要があります。広告の種類によってはAmazonのおすすめ商品だけが対象となっているほか、ブランド登録を済ませなければなりません。

アダルト関連やたばこ、医療品など広告を出すことができない商品もあるので注意しましょう。

まとめ

Amazon広告を利用すれば、自社商品が多くのユーザーの目に留まりやすくなり、売上の増加にもつながります。これからAmazonでの出店を検討している方は、積極的にAmazon広告を活用すると良いでしょう。

とはいえ、中にはAmazon広告の出稿が初めての方もいるでしょう。最適な広告運用がわからないまま進めていると、売上を伸ばしていくことが困難になります。

Amazonの出店を効果的に進めていきたいのであれば、ぜひ「ECモール支援サービス」をご利用ください。

ECモール支援サービスでは、1コンサルあたりの担当者数を抑えることで支援品質の向上・維持に努めているほか、経験豊富なコンサルタントが広告運用のサポートを行います。また、ECモール以外の提案も可能ですので、お気軽に相談ください。

facebook

Facebookで
シェアする

facebook

Twitterで
つぶやく

facebook

LINEで
送る

記事一覧へ戻る

Contact

お仕事のご依頼や相談はこちら

Learn More

Service

サービス一覧

01マーケティングコンサルティングMarketing Consulting

02広告運用代行支援サービスAD Operation Support Service

03マーケティング施策実行支援サービスMarketing Execution Support

04ECモール支援サービスEC Mall Marketing Support

05伴走型広告運用インハウス支援サービスAD In-House Service